ミエマンコラム

醤油の雑学

こいくち醤油とうすくち醤油

スーパーなどでお醤油コーナーを見かけると、醤油にも「こいくち」「うすくち」の2種類が並んでいるのをみたことがないでしょうか。 厳密に言いますと、ほかにもお醤油の種類はあるのですが、ここでは一般的によく使う「こいくち醤油」と「うすくち醤油」の違いについてご紹介したいと思います。

色の濃さが違う

「こいくち」と「うすくち」の大きな違いの1つに「色の濃さ」があり、字のごとくこいくち醤油のほうは色が濃く、淡口醤油はウーロン茶のような淡い色をしています。うすくち醤油は色が薄い醤油であり、素材の色を引き立てる料理などに使われます。

塩分濃度はうすくちしょうゆの方が高い?

多くの方が誤解してしまうケースとして、「うすくち醤油だから味や塩分も薄いのでは」と考えてしまい、加減なく入れてしまった後「すごくしょっぱい!」と失敗してしまうことも…
こいくち醤油の塩分濃度は16〜17%なのに対して、うすくち醤油の塩分濃度は18〜19%と、1〜2%高くなっています。色がうすいため、ついつい入れすぎてしまいがちになりますが、うすくち醤油は見た目をそのままに、しっかり味をつけるという目的で作られていますから、うすくち醤油を使う場合は、味見をしながら控えめに入れていくようにしましょう。

味わいの違い

こいくち醤油は、熟成期間が長いことから、芳醇な香りやコクがしっかりと出ているお醤油です、対してうすくち醤油は熟成期間を短くすることで、色を抑えたさっぱりとした味わいになります。いわゆる「しょうゆ味」に仕上げる料理であったり、醤油の香りをしっかりと出したい和風料理などにはこいくち醤油を使うのがおすすめで、素材の味や香りを引き立てる料理には塩の代わりとしてうすくち醤油を使うとよいでしょう。

レシピに乗っている「おしゅうゆ」は一般的にこいくち醤油を使う

一般的な料理本やネット上に掲載されているレシピには、「おしょうゆ」=「こいくち醤油」が使われています。うすくち醤油で代替してしまうと、味に深みがなかったり、塩辛くなってしまうので注意しましょう。

このように「こいくち醤油」と「うすくち醤油」は色の違いであり、塩分濃度はうすくち醤油のほうが高いという特徴があります。上記を参考にしながら、賢く使い分けてみてください。

カテゴリ

カテゴリを選ぶ